昔よりも進歩しているほくろ除去施術【特徴を紹介】

鏡を見る人

スキンクリニックの特徴

女の人

保険診療と自由診療

スキンクリニックは主に皮膚の悩みを相談できる医療機関です。スキンクリニックを大きく分けると、一般皮膚科と美容皮膚科があります。一般皮膚科と美容皮膚科の違いは保険診療が可能かどうかです。一般皮膚科の場合、病気の治療目的で利用するので保険が効きます。それに対して美容皮膚科は肌や体形や顔立ちの悩みを美容医療で治療するところで、すべての治療が自由診療になります。シミやほくろ除去でかかる費用も、一般皮膚科と美容皮膚科で違います。シミやほくろといっても複数の種類があり、症状によっては一般皮膚科で健康保険適用で治療ができます。たとえば目立つ大きなシミや、外傷によるケガの跡ややけど跡などの温熱治療を保険診療でできる一般皮膚科もあります。ほくろは病変でできる場合と遺伝や紫外線や摩擦などでできる場合があります。メラノーマは病変によってできる悪性の腫瘍です。いわゆる皮膚がんの一種なので、一般皮膚科で保険適用で治療ができます。直径の大きさによりますが、数千円で治療できるケースが多いようです。悪性ではない良性のほくろを除去したい場合は、美容目的なので治療できるところは美容皮膚科です。一般的にほくろ除去はCO2レーザー(炭酸ガスレーザー)を照射して行います。CO2レーザーは一回でほくろを蒸散することができて、仕上がりがきれいです。ほくろ除去以外にシミやタトゥー消しなどでも使われています。CO2レーザー治療は局所麻酔をして5分程度で終わります。治療をしたあと完全に治るまでには6ヵ月程度かかります。ほくろは一度除去しても紫外線や摩擦のダメージで再発するリスクがあるので、治療後は丁寧にアフターケアをすることが大切です。美容皮膚科ならフォトフェイシャルやケミカルピーリングなどの美容医療メニューが豊富なので、そうした施術でアフターケアをすると美肌効果がアップします。美容皮膚科でのほくろ除去費用は、直径3?以内で一個3000円程度が相場です。フォトフェイシャルなどを組み合わせると1万円以上かかります。良性であっても皮膚から盛り上がった大きいほくろはCO2レーザーで取れないことが多く、その場合はメスで切開&くりぬきをして除去することになります。メスを使って行う場合の費用は美容皮膚科で1万円〜1万5千円です。ただし、直径が拡大してきている場合は悪性のメラノーマの可能性があるので、気になる場合は保険診療可能な一般皮膚科で早めに診てもらうのがおすすめです。