昔よりも進歩しているほくろ除去施術【特徴を紹介】

鏡を見る人

ほくろを安全に消す方法

ドクター

深いところまであるほくろ

顔のほくろは他人であれば大したことはないという印象ですが、自分の顔であればかなり気になってしまうものです。特に二か所以上にほくろがあると鏡を見るのが嫌になるほどなので、ずっと気にし続けるよりはほくろ除去を実行に移しましょう。その際には多くの人が早さと安さを優先して美容整形外科を探しますが、それよりは安全に消すことができる病院エアることを重視するべきです。なぜならほくろは想像以上に深く食い込んでいるものであり、それをきれいに除去しようとすると皮膚をかなり切開することになります。そうなると傷跡が残りやすく、今度はどの傷跡が気に合ってしまうという悪循環に突入することになってしまうので注意しましょう。ほくろ自体は病気ではないのでいくらでも後回しにすることができるという利点を活かし、決して焦らず安易な手術を行わないようにするべきです。基本的には安全最優先のためのまず皮膚科で相談し対処してもらうようにすると、トラブルにつながる可能性はほとんどゼロになります。ほくろ除去は小さく浅いものであれば皮膚科で行うこともできるので、意外と初日であっさりと取ってもらうことも可能となっているのです。具体的に皮膚科で受けられる施術はメスト医療用ハサミを用いて切ってしまうか、液体窒素でほくろ自体を凍結させてしまうという方法があります。液体窒素は足の裏にできる魚の目なども全く同じ方法で除去できるので、そういったいぼなどがある場合は一緒に診てもらうといいでしょう。ほくろ除去の方法は皮膚科で行うような外科的な方法以外にも、クリームを塗布するといった方法も存在しています。市販薬は数多くありますが病院で処方してもらうほうが低コストで確実な効果を得られるので、手術以外の方法を行うときでも病院にはいきましょう。炭酸ガスレーザーなどは美容整形外科でよく使用されていますがこれは保険の適用範囲外であり、かなりのコストになってしまいます。もちろん跡を残さずきれいに仕上げたいときにはいい施術方法ですが、より低コストに抑えたいときには避けるといいでしょう。いろいろな方法があるほくろ除去ですが、けがや病気と違って緊急ではないことを理解しよく考えながら実行していくべきです。皮膚科で紹介してもらった美容整形外科であれば最初にいきなり施術はせず、まずは入念なカウンセリングを行うことになっています。そのカウンセリングはとても大切なので面倒がらずにしっかり受け、安全で確実なほくろ除去の方法を選んでいきましょう。